インフルエンザの予防について

インフルエンザの予防について、国、厚生労働省が定めたインフルエンザに関する特定感染症予防指針などで、
まずはインフルエンザの基本的な知識と、その感染経路などについても詳しく述べられているところです。
すなわち、インフルエンザは通常11月上旬頃からあちこちで散発的に発生していく中で、
それらが一定の時期を迎えると爆発的な感染患者数の増加を示す傾向があります。

その後1月から2月にかけてその感染者数などのピークを迎えて、
春にかけて急速に患者数が減少していき4月上旬頃までに終息するというのが通常の流れです。
このインフルエンザの典型的なものでは、急に発病して38度や39度、40度のような高度の発熱さらに
頭痛や風邪に見られるような関節痛、腰痛、筋肉痛、さらに全身の気怠さなどが現れます。
さらにこうした症状とセットで、鼻水やのどの痛み、咳などが現れてきます。

なお、熱は急激に上昇して、1日目には体温が急激に上昇する例もあります。
ただし、安静にしたり適切な医療を受けていれば、その様々な症状はだんだんと回復していき、
発症から1週間程度で回復していきます。

インフルエンザ

それでもインフルエンザに罹ればしんどいですし、かからないのが一番ですから、
予防策を考えるのは自然なことと言えます。
予防策としては、そもそもこのインフルエンザは他人にうつす可能性がある病気で、
その予防の基本としては日頃から十分な休養とバランスのとれた栄養、食事をとること、
外出時のマスクの着用、外出から戻った際の手洗い及びうがい、
インフルエンザが流行する前のワクチン接種等の方法があります。

また、これらの方法以外にインフルエンザの予防に効果があると言われているヨーグルトがあります。
それは、カスピ海ヨーグルトです。カスピ海ヨーグルトは、長寿の国から来た神秘的なヨーグルトです。

こうした予防にもかかわらずかかってしまったときには、治療するしかありませんので、
先述のとおり安静にして休養をとること、対症療法のほかに、専用の薬が用いることもあります。
この薬としてはいろいろあり、どういったタイプのものに感染したのかによって使用するものも異なります。
ただし、その薬も発病してから48 時間以内に投与を開始するとより効果が高いとされます。